良く噛めるインプラントについて

00000.jpg

写真は一番安い廉価コースです。

CT3次元X線装置を用いた精度の高い診断で

症例に最適なアメリカ製のインプラント、イタリア製超音波器具使用で「低侵襲、短期間、低価格」を目指します。(院内技工士在籍も貢献)ノーベルガイドを用いて完全にコンピューターによる計画通りの正確な埋入も選べます。(5~10万up)

 

 10年間の保証制度あり

(診断料を含み骨や歯肉の移植がなければ銀歯込みでなら18万円、ジルコニア冠込みでなら奥歯1本20万円、前歯25万円、オプションでスウェーデン製のノーベル社のimplantは1本5万円up,歯肉移植は1万円、ドイツ製の人工歯肉なら5万円、骨移植は人工骨や遮断膜は実費(ドイツ製で最低5万円)、奥歯の後ろからなら1万円、上顎洞挙上はソケットリフトなら無料、一回で即時加重のブリッジの入るDr maloのノーベル社製品のオールオン4はレジン樹脂フレーム使用なら片顎100万円~・(金属などのフレーム使用はオプション)

9898.jpg

写真は20歳の時に打った女性で術後5年後のもので(全部で20万)

 

これまでのインプラントの実績

20年くらい前から少しずつ症例を吟味しつつ、ただやみくもにたくさん打つのでなく修復歯が支台になるブリッジのできる部位はなるべく避けてきたりして、最小限の本数で最大限の効果を発揮させて段々本数を増やしてきました、今までかかわったインプラントは判っている範囲では約99%の割合で現存しており、自分のやり方の正しさを改めて再認識させられております。これからも、なるべく健全歯を大事にして最小限のインプラントで最大の効果を発揮できるように頑張ります。

3336.jpg

写真は上のレントゲンの同一人物です。

総入れ歯とインプラント(All-on-4)の比較

総入れ歯によるトラブル   All-on-4により解消
入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟って痛む 食べ物がはさまっても痛まない
噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べることができない あごの骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができきちんと栄養が取れるようになる
歯ぐきが震われていて、食べ物がおいしく感じられない 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
入れ歯が動いて発音しにくく、人と話をするのが億劫になる 固定されているため安心して話ができる
食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない 固定式の歯になるため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる
口臭がひどいのではないかと不安で人に会うことができない 人と会うことに対して自信が持てるようになる
あごがやせてしまい、年老いて見える あごの骨の変形も少なく、若々しい顔貌を維持できる

たった1日で取りはずしの要らない歯に変貌

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が普通4本。

骨の移植なども必要ありません。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能です。

 

オールオンフォー症例

要するに、今までの歯や入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。

All-on-4は、短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法。たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから解放されるでしょう。

IMG_0772.JPG

※Dr MAROのオールオン4とほかのインプラントフルブリッジとの違い

根本的な違いは長期的な清掃性や安定的なきれいなスマイルなどです。

参考的なオーストラリアのクリニックによる比較映像です。

私は患者さんの立場にたってしか治療しないので比較されているような悪い状態other methodだけは絶対に避けたいです。

 ☆下顎総入れ歯の下にくっつけて安定性を高める方法

簡単なボタンのような固定用のアタッチメントと2本のインプラント

利点は2本だけということ、欠点は普通の入れ歯と同じ大きさにしないと安定しないことなどです。

☆部分的に欠損が発生した場合

1. 歯が中間で1本抜けた場合  

【ブリッジ】
抜けた歯の両隣の天然歯を削って人口の歯(ブリッジ)を被せる方法です。両隣が健康な天然歯であっても、削ることになります。 

【インプラントで治療すると】
インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し、人口歯を取り付けます。自分の歯と区別のつかないくらい自然な状態となります。 

9701.jpg 

2. 歯が中間で2本抜けた場合

【ブリッジ】
抜けた2本の歯の部分に加わる大きな力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。支える健康な歯には、大きな負担になります。

【インプラントで治療すると】
抜けた数だけのインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。 

9702.jpg 

3. 奥歯が数本抜けた場合

【局部床義歯=部分入れ歯】
取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金でも固定しますが、口の中のバーや止め金には異物感が伴い、口臭の原因にもなります。 

【インプラントで治療すると】
数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中もすっきりします。

9703.jpg 

4. 歯が全部抜けた場合

【全部床義歯=総入れ歯】
全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。 

【インプラントで治療すると】
数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりすることを防止します。

9703.jpg