フレンド歯科の院長紹介

.jpg

院長:川井 彰玲 (かわいてるひろ)

こんにちは。患者様からも治療に限らず色々学ばせていただきありがたく思います。例えば、以前の職場で、入れてすぐの銀歯が痛くて噛めなくて力が入らない方の再治療に成功してその後スポーツで活躍されたりして逆にこちらが歯医者冥利に尽きる思いをさせていただけて感謝しています。(写真は以前のものです.)また今まで関わって主訴の改善のお手伝いさせて頂いた患者様達から多少なりとも感謝されてると思うとやりがいを感じます。

 

モットーは古今東西を問わずどんどん新しい技術を取り入れ、患者様におかれましてはどんどん幸せになって頂くコトです。

 

"自分が受けたい歯科医療を提供したい”ので


患者さまとの術前の問診をしっかり行い、治療方法について説明し、納得していただ

たうえで、治療に入る様心がけております。患者さまとコミュニケーションを大切にし

行き届いた気配りができる歯科医院を目指します。 

 

【院長略歴】

九州出身で鹿児島大学歯学部を1997年卒業しました。

卒業後大阪府高槻市西武百貨店内歯科医院や京都市内の病院の歯科などで研鑽を積んだのち滋賀県内にて歯科医院の院長を経験。(滋賀県内にての歯科医師の当初より患者さんの要望多数により本格的にインプラント治療を積極的に行い、京都インプラント100時間コース受講をはじめとして各種メーカーのサーティフィケートを授かる。)

過去に八日市や石山で診療していたことがある。

現在地にて、地域医療に邁進中。

その他の自己紹介

中学生のころから父子家庭で家庭の事情で寮に入らざる得なくなり中学卒業後ホリエモンや孫正義さんと同窓の久留米大学附設高に入学したこともある。高校のころはよく土手や高良山などをランニングしていた。

高卒後は理系であるがとりあえずは私立文系に合格したが家庭の事情で断念し、その後努力したらセンター試験約87%ゲットし国立大学(14倍)に正規で合格できたので入学した。

ずっと陸上やってたこともあり体力だけは自信があったので大学の医学部歯学部だけのサッカー部(週5回放課後など練習日曜たまに試合)に入り未経験から偶然歯学部キャプテンになるまでまでしたことがある。

高校のころ(月刊久留米)の懸賞で偶然ハワイ旅行が当たったが受験前で辞退したこともある。


所属学会】
公益社団法人日本口腔インプラント学会会員

【趣味】
スポーツ観戦など

【特技】

努力すること

【学生時代したスポーツ

陸上中距離やサッカー