持続可能な歯科医療をめざすフレンド歯科の院長紹介

.jpg

院長:川井 彰玲 (かわいてるひろ)

こんにちは。患者様からも治療に限らず色々学ばせていただきありがたく思います。例えば、以前の職場で、他院で治療後の銀歯が痛くてお困りの女性の再治療に成功してその後スポーツで国際的に活躍され幸せそうにされていただけて逆にこちらが歯医者冥利に尽きる思いをさせていただけて感謝しています。また今まで関わって主訴の改善のお手伝いさせて頂いた患者様達から多少なりとも感謝されてると思うとやりがいを感じます。

 

モットーは古今東西を問わずどんどん新しい技術を取り入れ、患者様におかれましてはどんどん幸せになって頂くコトです。

 

"自分が受けたい歯科医療を提供したい”ので


患者さまとの術前の問診をしっかり行い、治療方法について説明し、納得していただ

たうえで、治療に入る様心がけております。患者さまとコミュニケーションを大切にし

行き届いた気配りができる歯科医院を目指します。 

 

【院長略歴】

九州の大分県出身で鹿児島大学歯学部を1997年卒業し同年国家試験合格しました。

卒業後大阪府高槻市西武(阪急)百貨店内歯科医院や京都市内の病院の歯科などで研鑽を積んだのち滋賀県内にて歯科医院の院長を経験。(滋賀県内にての歯科医師の当初より患者さんの要望多数により本格的にインプラント治療を積極的に行い、京都インプラント100時間コース受講をはじめとして各種メーカーのサーティフィケートを授かる。

現在地にて、地域医療に邁進中。

その他の自己紹介

公立中学校を卒後入学した、ホリエモンさんや孫正義さんなどと同門の久留米大学附設高校では寮生活でした。高卒後は一応理系卒であるが行きたくて受かっていた私立文系大学入学を諸事情で断念し、その後、国立鹿児島大学歯学部へ進学しました。(センター87%、14倍、B日程

ずっと陸上をやってたこともあり体力だけは自信があったので大学の医学部歯学部だけのサッカー部(週5回放課後など降雨にかかわらず練習日曜たまに試合)に入りサッカー未経験からスタートし歯学部キャプテン(ポジションフォワード)にまでなったこともあります。ゆえにチームプレーができるので、院内をまとめるのが得意です。

【所属団体】

滋賀県保険医協会会員

【趣味】
映画鑑賞、スポーツ観戦など

【ひと言】

体育会系の九州男児なんで多少ぶっきらぼうに思われるかもしれませんが、今思えばあまり言い訳せず有言実行をモットーにある程度の結果を残すことが実行できているようです。簡単明瞭に説明する主義なんですが、インフォームドコンセントは大切にしたいです。でもいつまでも歯の不調がスッキリ治らなかったら困るので、これからも治療の途中経過や外部からの雑音にはあまりこだわらず、治療がうまくいったときの喜びを思い描きながら結果を出すことにこだわりながら、一人ひとりの一回一回の治療に向き合うにあたって、気合を入れて、一球入魂の心がまえで粘り強く治療を完遂していこうかと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。



【学生時代したスポーツ

陸上部中距離(中高)やサッカー部(大学)